ハクビシン駆除は早期に依頼|シロアリや南京虫の駆除について

トコジラミの大量発生

トコジラミ

戦後の日本で大量発生した害虫に、トコジラミと呼ばれるものがいます。南京虫とも呼ばれるこの害虫は、人間の血を吸う害虫です。吸血された箇所には、痒みを伴う発疹が発生します。人によっては、発熱や蕁麻疹の症状も引き起こされるでしょう。トコジラミは、主にベッドのマット下等の暗い隙間に潜みます。1mmの隙間でも入り込めるため、その発見は困難なものとなっています。光を嫌うため、明るいうちは暗闇に潜み続けます。暗くなると活発になり、人の吐く二酸化炭素を検知して忍び寄り吸血するのです。戦後の日本では、このトコジラミの大量発生が社会問題となりました。ですが、その後の大規模なトコジラミ駆除政策によって日本国内のトコジラミは根絶されたのです。しかし、近年になって再び日本国内でトコジラミによる被害が発生し始めたのです。
トコジラミは発見が難しく、また飢餓や乾燥等にも強いと言われています。市販の殺虫剤も効かないため、トコジラミ駆除は困難なものとなるでしょう。また、その繁殖力は非常に高く、再び日本国内で大量発生してしまう可能性が高いのです。トコジラミが大量発生した場合、商業施設や宿泊施設は大打撃を受けることとなるでしょう。海外では、トコジラミの発生により休業に追い込まれた商業施設や宿泊施設が多く存在するのです。その理由として、利用者へのトコジラミ被害の回避があげられます。そういった施設で利用者がトコジラミ被害に合ってしまうと、風評被害の発生に繋がります。そのため、トコジラミ駆除を終えるまで休業せざるをえなくなるのです。そのため、商業施設や宿泊施設でトコジラミを発見した際には、すぐにトコジラミ駆除後業者へ連絡して退治してもらう必要があるのです。