ハクビシン駆除は早期に依頼|シロアリや南京虫の駆除について

屋根裏へ忍び込む害獣

ハクビシン

ハクビシンというのは、猫のような狸のような外見をしている動物です。体の大きさについては、ネズミよりも大きく猫よりも小さいと言われています。ハクビシンは住宅で被害を発生させる害獣とされており、主に屋根裏へ侵入することで被害を発生させます。以前までは農村などの一部地域でのみ被害を発生させていましたが、近年では都市部でも被害が発生するようになりました。ハクビシンによる被害というのは、騒音被害や異臭被害、害虫被害、住宅被害、衛生被害、ペット被害、食害といったものになります。この害獣は夜行性のため、屋根裏に住み着いた際にも夜間に活発化します。そのため、住民が寝静まった頃に屋根裏から足音が響くようになるのです。場合によっては、その足音によって眠れなくなる人もいるでしょう。騒音被害だけなら、そこまで大きな被害ではありません。しかし、被害が大きくなってくると、駆除費用が高額になります。そのため、ハクビシン駆除は早期に行う必要があるのです。ハクビシンは一か所に糞を溜め込む習性があり、屋根裏においても一か所に糞を溜め込みます。そのため、異臭被害が発生する他、害虫の発生による二次被害も発生するのです。また、糞が溜まり続けると、天板が腐り糞の重みに耐えきれず抜け落ちるといったこともあります。そういった段階まで被害が大きくなると、ハクビシン駆除業者に依頼する際に清掃及び除菌なども依頼しなければなりません。抜けた天板の修理費用も別途かかるため、経済的損失は大きいものとなるでしょう。

シロアリの侵入を見極める

男性

シロアリが住居に侵入した際には、幾つか痕跡を残します。その痕跡について把握しておくことで、被害が大きくなる前に専門業者へシロアリ調査を依頼することができるでしょう。

More Detail

適正な駆除費用

イタチ

日本国内には数多くの害獣駆除業者が展開しており、その中には技術の低い業者や高額な駆除費用を請求する業者等、質の悪い業者が紛れています。適正な駆除費用で確実な駆除を行ってもらうためには、優良な業者を見極める必要があるでしょう。

More Detail

トコジラミの大量発生

トコジラミ

トコジラミというのは、繁殖力の非常の高い害虫です。日本国内で被害が発生したという報告があり、その大量発生が危惧されています。トコジラミを発見した際には、すぐにトコジラミ駆除業者へ連絡しましょう。

More Detail